©️2019 UK DOG ACADEMY

スクール紹介

About us

LIFE With DOG

スクールの理念

人は犬のことを正しく学び、犬は人と共に暮らすルールを飼い主から学ぶ

・犬の行動やニーズを理解し、飼い主が愛犬と共に学ぶ英国流スクール

・英国ADPT家庭犬トレーナー協会「Kind・ Fair・Effective」動物福祉にのっとったレッスン

・人と犬が、もっと暮らしやすく、もっと楽しく、より良い関係を育て、共に育ちあう場の提供

・子犬期からシニアの介護まで、すべてのライフステージに共に寄り添い、笑顔で過ごせるお手伝い

インストラクタープロフィール

遠藤 恭子 Yasuko Endo

丸亀高校、筑波大学卒業後、東京にてベネッセコーポレーションに編集者として勤務後、家族と渡英。イギリス在住5年間の中で、当たり前に子犬と飼い主がドッグスクールに通い、他の犬や人、社会の中で、愛犬と一緒に食事や旅にも出かけ、常に共に過ごし、楽しむ暮らしを体験しました。犬任せにしないで飼い主が犬のことを学び、教え、共に経験を積むことで、培われる素晴らしい関係です。英国ではショップには生体は販売されておらず、各犬種ブリーダーの元をたずねて特徴などを良く聞き、各家庭の生活や環境に合う犬種かどうかなどの犬種選び、子犬を親から迎える最適な時期など、熟考して犬を迎えるシステムです。犬の一生を左右する子犬の社会化期やしつけも飼い主がまず学びます。2000年1月生まれミニチュアダックスフンドのリキと共に私も現地ドッグスクール、行動カウンセリング講座に通い、英国家庭犬トレーナー協会(Asossiation of Pet Dog Trainer)ADPTの研修、審査を受け、認定トレーナー(日本国内には11名のみ)NO.910として認定を受けました。

ライフテーマ「人と犬の共生」

「人と動物の共生」を目指し、殺処分ワーストの香川県内にて、福祉施設内に動物と共に過ごせる理想のモデル策定を目指し、2019年4月より香川大学大学院地域マネジメント研究科にて、テーマ研究をしています。犬と同じ空間で、ふれ合うことなどから入所者様が普段に増したコミュニケーションや発語、笑顔や腕を動かしなでるといった行動が増えるというこれまでのセラピー訪問で数々得た経験を、データ化し、福祉施設導入に向けセラピー犬の育成や維持にかかるコストなど経営面含めた全般について、研究テーマとし、香川県内にて実際の導入ができるように、学び始めたところです。

講師依頼

イギリス在住時より現在まで、ボランティア訪問を10年以上にわたり続けているアニマルセラピー活動の体験や心身に与える効果、動物が児童の心に与える成長についてなど、市民講座など大人向け、小学校の命の教育など児童向け、講演やワークショップ(犬同伴あり、無し)のご依頼もお受けします。(教員免許所持。人と動物の絆ヒューマンアニマルボンドインストラクター、JAHAセラピー訪問認定犬チームリーダー)

​ テーマ例

・「動物介在教育~動物への思いやりが子どもの心を育てる」

・「言葉を話さなくてもおしゃべりな犬たち~ノンバーバル・コミュニケーションのすばらしさ」など

内容・費用など、お気軽にご相談ください。

スクールヒストリー

英国APDT(Association of Pet Dog Trainers)認定。

APDTのモットーであるKind・Fair・Effective(犬に苦痛を与える方法を禁止し、犬にも飼い主にもフェアで効果的なトレーニングを実践する約束)を通して900頭以上の家庭犬と飼い主様とのご縁を得てきました。

2003  香川県丸亀市に開校

2010  スクール設備を現在地へ新設

2015  香川県で初めて動物病院内パピークラスを開講(現在4院) 

2016  屋内レッスンジム新築 

2018  シャンプー室、ドッグラン整備

     全ての設備が完成

開業当初に比べ、飼い主様の意識も高まり、2013年香川県内で初めての動物病院内パピークラス(kokoどうぶつ病院様)を共にスタートし、2015年、2019年と院内パピークラスも4院に増え、動物病院様との協力体制のもと、子犬の大切な社会化期の教育も浸透してきました。H24・25・30・31年香川県動物愛護推進委員としても、飼育放棄等を防ぐための飼い主教育の面から、活動を続けております。